トップ

インプラント周囲炎の症状と予防

インプラントは金属製なので歯周病や感染が生じないと思われがちですが、歯周病と同じように、周囲炎というものがおこります。具体的な症状は、周りの歯肉が腫れる、痛い、揺れる、膿が出る、においがするなどです。これらの症状は一度発生してしまうと、なかなか完治が難しい病気です。何度も歯科医院に通い消毒やクリーニング、抗菌薬を内服、洗口液を使用するなど、長期の治療が必要となることが大半です。ですから、インプラントでのそのような症状が出る前にきちんと定期的に歯科医院を受診し、レントゲン写真などでお口の中の状態をチェックしてもらうことが大切です。

インプラント 西宮対応の良さも人気の理由の一つです。
治療を開始する前に、しっかりと、治療について、歯の状態についての説明があるので、安心して治療に入れますよ。

口のにおいが気になった時は

インプラント治療を行った後、口のにおいに悩まされる人がいます。考えられるにおいの原因は3種類あります。1つは、歯磨きがきれいにできておらず、磨き残しの汚れから腐敗臭がすることです。2つ目は、歯周病菌により歯周炎にかかり、炎症をおこしている可能性があります。歯周病と同様に口臭の原因になります。この場合、埋め込んだインプラントが脱落する可能性がでてきますから早めの治療が必要になります。3つ目は、歯以外の部分に原因があるのかもしれません。例えば口呼吸によるドライマウスや内臓疾患でも口臭がきつくなる場合があります。いずれの場合でも、原因を突き止めるために早めの受診をお勧めします。

治療後のトラブル情報

© Copyright インプラント治療後の事. All rights reserved.